会社沿革

1951 – 2016[ 昭和26年~平成28年 ]

1951年
(昭和26年)
12月 大阪陸運局長より一般乗用旅客自動車運送事業の免許を受け、営業を開始
1985年
(昭和60年)
12月 日本で最初に自動車電話をタクシーに運用開始
1986年
(昭和61年)
5月 天皇陛下滞在中、安全確保のためリーガロイヤルホテルより独占入構を指定される日本で最初に自動車用FAXをタクシーに運用開始
1987年
(昭和62年)
11月 大阪地域で国際会議でのタクシー輸送を担う新システムを構築アジア開発銀行大阪総会における47ヶ国のVIP送迎を一週間にわたって独占担当全保有車両に自動車電話の装着を終了
1992年
(平成4年)
11月 世界初のGPS・地図マッチングによる自動車ロケーションシステムを運用開始
1995年
(平成7年)
11月 APECアメリカ代表団の送迎を担当
2006年
(平成18年)
11月 デジタル無線+カーナビ連動による配車システムを運用開始ナビ設定番号打ち出しサービス開始
2010年
(平成22年)
11月 大阪市内数カ所のホテルと病院に「さくらタクシー専用のりば」を順次開設
2013年
(平成25年)
2月 全車に第4世代無線配車システムを導入・運用開始
2013年
(平成25年)
4月 グランフロント大阪に「さくらタクシー専用のりば」が開設
2016年
(平成28年)
3月 日本交通株式会社(本社:東京)がさくらタクシー株式会社及び同グループ会社の全発行済株式を取得し、日本交通のグループ会社となる